リバプールは24日、スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソン(27)と長期契約を結んだことを発表した。イギリす『スカイ・スポーツ』によれば2026年6月まで契約を延長したとのことだ。

2017年夏にハル・シティからリバプールに加入したロバートソンは、移籍初年度から左サイドバックのレギュラーとして活躍。これまでリバプールでは公式戦177試合に出場して5ゴール37アシストを記録し、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ、2019-20シーズンのプレミアリーグ優勝に貢献している。

リバプールとの契約延長に至ったロバートソンは公式サイトで次のように述べている。

「交渉が始まった時から今後もリバプールでプレーできることがわかって嬉しい気持ちが抑えられなかった。今後もできるだけ長くリバプールでプレーしたいし、家族もここでの生活に幸せを感じている。リバプールの全てを愛しているし、この旅が長く続けばと思っているよ」


ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額888円(税込)
>>詳しくはこちら