前節はバイエルンとライプツィヒが初勝利を手にした一方、ドルトムントが早くも初黒星を喫した。迎える第3節、奥川ビーレフェルトvs鎌田と長谷部フランクフルトによる日本人対決、ヴォルフスブルクvsライプツィヒの昨季上位対決が開催される。

まずは土曜開催の日本人対決から。開幕から2試合連続トップ下で先発の奥川。前節は退場者を出した中、引き分けに持ち込み、チームは2戦連続ドローとなっている。前節は好機を生み出せなかった奥川だが、格上フランクフルト相手に見せ場を作れるか。

一方、鎌田と長谷部がベンチスタートとなった前節、フランクフルトはアウグスブルクにゴールレスドローに終わった。公式戦連敗を脱した形となったフランクフルトだが、内容を考慮すればアウグスブルクに勝ち切りたかったところ。鎌田と長谷部が先発に復帰できるかも注目だ。

続いて日曜開催のヴォルフスブルクvsライプツィヒ。昨季4位のヴォルフスブルクは接戦を制して2連勝スタート。前節はFWエンメチャの終盤弾で競り勝って見せた。ファン・ボメル新監督の下、好調なスタートを切った中、ライプツィヒとの昨季上位対決を制すことができるか。

対するライプツィヒは前節、シュツットガルトに4-0と圧勝。内容面でもライプツィヒらしいアップテンポなサッカーで魅了して見せた。とりわけ、昨季後半に加入したMFショボスライの活躍が凄まじく、ブンデス初ゴール含む2点を挙げた。ヴォルフスブルク戦でもハンガリー代表MFから繰り出される強烈、且つ正確なキックに注目だ。

ケルンとの打ち合いを制して初勝利としたバイエルンは、ヘルタ・ベルリンとのホーム戦に臨む。ケルン戦ではFWニャブリの2ゴールでケルンに競り勝ったバイエルン。新戦力DFウペメカノがまだチームにフィットしきれていない様子だが、2連敗スタートと苦しいヘルタ相手に守備を修正できるか。

続いて金曜登場のドルトムント。前節ドルトムントはFWグリフォのスーパーFK弾に沈んで1-2と敗戦。格下相手に早くも黒星が付いてしまったが、ホッフェンハイムとのホーム戦で勝利を取り戻せるか。

MF原口が2試合連続スタメンのウニオン・ベルリンは、ボルシアMGとのホーム戦に臨む。インサイドMFの位置で攻守にハードワークができている原口だが、格上のボルシアMG相手にも奮闘できるか。2試合連続ベンチ外のMF遠藤渓太はまず、ベンチ入りすることが先決となる。

続いてMF遠藤航のシュツットガルト。前節ライプツィヒ戦では惨敗に終わったシュツットガルトだが、フライブルクとのホーム戦は勝利が欲しいところ。ライプツィヒとの実力差を見せ付けられた中、遠藤航の舵取りにも期待だ。

最後にFW浅野ボーフム。浅野は前節、途中出場でチームの勝利の瞬間をピッチ上で迎えた。守備を献身的に行って勝利に貢献した中、ケルンとのアウェイ戦で連勝を目指す。

◆ブンデスリーガ第3節
8/27(金)
《27:30》
ドルトムントvsホッフェンハイム

8/28(土)
《22:30》
ビーレフェルトvsフランクフルト
アウグスブルクvsレバークーゼン
マインツvsグロイター・フュルト
シュツットガルトvsフライブルク
ケルンvsボーフム
《25:30》
バイエルンvsヘルタ・ベルリン

8/29(日)
《22:30》
ウニオン・ベルリンvsボルシアMG
《24:30》
ヴォルフスブルクvsライプツィヒ


ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額888円(税込)
>>詳しくはこちら