セルタは25日、インテルナシオナウからブラジル代表FWチアゴ・ガリャルド(32)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

チアゴ・ガリャルドは2017年にコリチーバからの期限付き移籍でアルビレックス新潟に加入。背番号10番を背負い、明治安田生命J1リーグ23試合3ゴールをマークした。だが、9月に一身上の都合で帰国。以降、一度もプレーすることなく、シーズンが終了していた。

その後、ヴァスコ・ダ・ガマ、セアラを経て昨年1月にインテルナシオナウに加入すると、2020シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで29試合17ゴール5アシストという圧巻の活躍を披露。

その活躍が評価されて、昨年11月にはブラジル代表に初選出されていた。

これまで新潟でのプレーを除き、ブラジル国内でプレーを続けてきた32歳のベテランストライカーは、今回が自身初のヨーロッパ挑戦となる。

堂安律が所属するPSVvsベンフィカなど、本選出場をかけたチャンピオンズリーグ・プレーオフを放送!
>>「チャンピオンズリーグ」を見るならWOWOWへ