日本サッカー協会(JFA)は26日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨む日本代表メンバー24名を発表した。

東京オリンピックが終わり、いよいよ来年に迫っているカタールW杯に向けた最後の戦いをスタートする日本。最終予選では、オーストラリア代表、サウジアラビア代表、中国代表、オマーン代表、ベトナム代表と同居することが決定している。

9月の2試合は、2日にオマーン代表と、7日に中国代表との対戦が予定。オマーン戦は大阪で、中国戦はカタールでの開催となる。

今回のメンバーには東京オリンピック組からはGK谷晃生(湘南ベルマーレ)が初招集を受けた。また、所属先が決定していないDF長友佑都も招集。MF柴崎岳(レガネス)も久々の代表復帰となった。

今回発表された日本代表メンバーは以下の通り。

◆日本代表メンバー24名

GK
川島永嗣(ストラスブール/フランス)
権田修一(清水エスパルス)
谷晃生(湘南ベルマーレ)★初招集

DF
長友佑都(無所属)
吉田麻也(サンプドリア/イタリア)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
酒井宏樹(浦和レッズ)
山根視来(川崎フロンターレ)
室屋成(ハノーファー/ドイツ)
植田直通(ニーム/フランス)
中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
冨安健洋(ボローニャ/イタリア)

MF
原口元気(ウニオン・ベルリン/ドイツ)
柴崎岳(レガネス/スペイン)
遠藤航(シュツットガルト/ドイツ)
伊東純也(ヘンク/ベルギー)
南野拓実(リバプール/イングランド)
守田英正(サンタ・クララ/ポルトガル)
鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)
板倉滉(シャルケ/ドイツ)
堂安律(PSV/オランダ)
久保建英(マジョルルカ/スペイン)

FW
大迫勇也(ヴィッセル神戸)
古橋亨梧(セルティック/スコットランド)

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額888円(税込)
>>詳しくはこちら