【明治安田生命J1リーグ第27節】
2021年8月28日(土)
18:00キックオフ
ヴィッセル神戸(4位/47pt) vs FC東京(8位/39pt)
[ノエビアスタジアム神戸]


◆大迫ホームデビューへ、3連勝目指す【ヴィッセル神戸】

前節はアウェイでの大分トリニータ戦。早々にCKから先制を許したが、その後に3ゴールを奪って逆転勝利を収めた。

この試合では7年半ぶりのJリーグ復帰となったFW大迫勇也がデビュー。日本代表でも見せる前線でのポストプレーに加え、2点目となるPKを生み出したパスのアイデアなど、いきなり違いを見せた。

合流2日でここまでのクオリティを出せるのはさすが日本のエースというところだろう。MFアンドレス・イニエスタとの連係が上がってゴールを量産する姿が想像に難くない。

また、先発デビューしたFW武藤嘉紀も素晴らしいプレーを連発。ニューカッスルやエイバルでは輝く機会が少なかったが、動き出しのスピードや動きのキレなど調子の良さを感じさせた。古巣との対戦となるだけに、武藤の復帰ゴールも期待されるところだ。

チームとして充実感が増してきた神戸。ボージャン・クルキッチはまだ起用できないが、新戦力のフィットも問題なく行われており、3位死守に向けて連勝を伸ばしていきたい。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:飯倉大樹
DF:山川哲史、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳
MF:セルジ・サンペール、山口蛍
MF:武藤嘉紀、アンドレス・イニエスタ、郷家友太
FW:大迫勇也
監督:三浦淳寛

◆死のアウェイ戦も終了、連勝で終われるか【FC東京】

前節はアウェイでベガルタ仙台と対戦し1-2でなんとか勝利。5試合ぶりの白星を記録した。

現在は8位と中位に位置しており、ここから勝ち点を積み上げて3位争いに加わりたいところ。チームとして不安定な戦いを続けてきたが、仙台戦の勝利をキッカケにしたい。

東京オリンピックの影響もあり、中断期間前から7試合連続のアウェイゲームという地獄のロードもこれで終了。ホーム4連戦に向けて、上位を下して弾みをつけていきたいところだ。

ポイントはやはり神戸の攻撃をいかにストップするか。ブラジル人トリオの力を使い、押し込んでいきたいところだ。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:波多野豪
DF:鈴木準弥、渡辺剛、森重真人、小川諒也
MF:青木拓矢、安部柊斗
MF:東慶悟、レアンドロ、アダイウトン
FW:ディエゴ・オリヴェイラ
監督:長谷川健太

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額888円(税込)
>>詳しくはこちら