ヘタフェのU-24スペイン代表MFマルク・ククレジャ(23)がプレミアリーグ挑戦を果たすようだ。

バルセロナ下部組織育ちのククレジャはそのままトップチームデビューを果たすが、厚い選手層にも阻まれ、2019年夏からヘタフェでプレー。先の東京オリンピックでも左サイドバックとして5試合に出場して、銀メダルの獲得に貢献した。

そんなククレジャを巡ってはローマの関心も取り沙汰されたが、イングランドが新天地になる様子。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、同じく興味が囁かれてきたブライトン&ホーヴ・アルビオンに移籍するという。

ブライトンは契約解除金1800万ユーロ(約23億2000万円)の支払いが完了。ククレジャはブライトンと契約を結ぶため、本日にもイングランドに向かう模様だ。

なお、2019年夏にバルセロナからククレジャをレンタルしたヘタフェは昨夏に1000万ユーロ(約12億9000万円)の買い取りオプションを行使。バルセロナは将来的に選手が売却時、その移籍金の10%を手にできる権利をつけて放出している。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額888円(税込)
>>詳しくはこちら