セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、レンジャーズとの“オールドファーム”についてコメントした。イギリス『Glasgow Times』が伝えた。

29日、セルティックはスコティッシュ・プレミアシップ第4節でアウェイでレンジャーズと対戦した。

スコットランド国内の2強による“オールド・ファーム”。この試合を前に、日本代表FW古橋亨梧に対する人種差別発言をレンジャーズサポーターが行い、逮捕されていることから、別の意味でも緊迫した試合となった。

古橋はこの大一番に先発フル出場。何度か得点チャンスを迎えたが、ゴールを奪うことができず。チームは66分に失点し、1-0で敗れた。

先制された後も果敢に攻めたセルティック。終盤にかけても古橋が決定機を作ったが、この日は不発に終わった。

ポステコグルー監督は先制点を奪われたことが全てだったとコメント。この試合では古橋を左ウイングで起用したが、トップで使うべきだったと反省した。

「最初のゴールは違いを生み出す。我々がそれを獲得していれば、ゲームの顔色を変え、彼らをもう少しプレッシャーに晒せただろう。彼らにとっては大きな瞬間だった」

「今日はうまくいかなかった。タイトな試合で足場を固めることができたのに、足を踏み入れられなかったのが残念だ」

「亨梧は中央の方がはるかに脅威になっただろうと思う」

「正直なところ、彼をそこからスタートすべきだったと思う。ただ、フォレストがいないので、現時点ではワイドなエリアの選手が不足し血得る。左のワイドからスタートしなければならなかった」

「彼のスピードがあれば、亨梧を中央に置くことで相手を苦しめることができると思った。それが一番の理由だ。相手が得点する前のことだが」

ポステコグルー監督の理由としては、ジェームズ・フォレストが負傷して起用できなかったために、仕方なくワイドに古橋を置き、オドソンヌ・エドゥアールを中央に置かざるを得なかったが、本来としてはセンターで使いたかったようだ。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額888円(税込)
>>詳しくはこちら