藤枝MYFCは31日、選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性診断を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、両選手は29日に発熱があり、トップチームの選手・スタッフ全員が抗原検査を実施。1人が陽性判定となり、他の選手やスタッフは陰性となった。

その結果、当日の活動を見合わせ、選手・スタッフ全員がPCR検査を受けたところ、30日に2選手が陽性判定を受けたとのことだ。

両選手ともに、28日に行われたアウェイでのカターレ富山戦への遠征に参加。その日まで発熱などはなかったが、戻ってから37度の発熱があったとのことだ。

もう1名の選手も遠征時には発熱などはなかったが、29日に37.8度の発熱。抗原定性検査では陰性だったが、PCR検査では陽性だった。

濃厚接触者の特定に関しては関係各所の指導に沿って適宜対応するとしている。

また、9月4日のカマタマーレ讃岐戦に関しては、キックオフ3時間前にJリーグオンサイト検査を実施し、陰性だったもののみが試合にエントリーされる。

なお、対戦相手だった富山ものこの件を報告。関係した可能性を否定できない選手17名、関係者6名のオンサイト検査を実施し、30日に陰性が確認。会話をした選手2名、関係者3名については、31日にPCR検査を追加で実施するとのことだ。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額888円(税込)
>>詳しくはこちら