チェルシーは残りの移籍期間で最後のピースを埋めることはできるだろうか。

昨夏の超大型補強に続き、今夏もベルギー代表FWロメル・ルカクをクラブ史上最高額で獲得するなど、戦力アップに余念のないチェルシー。そして、移籍期限が残り1日となった時点で追っているのが、セビージャのフランス代表DFジュール・クンデ(22)だ。

2019年夏に加入したセビージャで頭角を現したクンデは、今夏にトッテナムやレアル・マドリーといったビッグクラブが関心。だが、現時点で可能性のある移籍先はチェルシーに絞られており、数日前からすでに個人間合意は取れていると報じられていた。

それでも肝心のクラブ間合意には交渉上手のチェルシーも手を焼いているようで、ここまで何度か移籍金を上げてオファーを試みたが、セビージャの門は堅く閉ざされたままとなっている。

フランス人ジャーナリストのナビル・ジェリ氏によると、チェルシーが提示した5500万ユーロ(約71億4500万円)の最新オファーも断られ、一方のセビージャは契約解除金に相当する7000万ユーロ(約90億円)を要求しているとのことで、ここに来て交渉が座礁した模様だ。

ただチェルシーは、クンデの獲得が成功すると見込んでフランス代表DFクル・ズマをウェストハムに売却している。プレミアリーグ開幕節で1ゴールの鮮烈デビューを果たしたDFトレヴォ・チャロバーを含めてセンターバックの数が足りていないわけではないが、T・チャロバーについてはトーマス・トゥヘル監督がボランチ起用を考慮しているとも言われており、チームとしては、差し迫った時間の中でどうにか22歳のフランス代表を射止めたいところだが…。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額888円(税込)
>>詳しくはこちら