日本サッカー協会(JFA)は1日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨む、日本代表メンバーの背番号を発表した。

2日に、市立吹田サッカースタジアムで行われる最終予選初戦のオマーン代表戦。森保一監督は24名を招集していた。

しかし、今回の発表では、8月31日にアーセナルへと電撃移籍したDF冨安健洋、そしてサンタ・クララのMF守田英正の名前はなし。22名でオマーン戦に臨むこととなる。

背番号はこれまでと変わらず、「10」は南野拓実(リバプール)が着用。そのほかもお馴染みの背番号となった。なお、初招集のGK谷晃生(湘南ベルマーレ)は「23」となる。

日本代表は2日にホームでオマーンと、7日にカタールで中国代表と対戦する。

◆日本代表メンバー22名

GK
1.川島永嗣(ストラスブール/フランス)
12.権田修一(清水エスパルス)
23.谷晃生(湘南ベルマーレ)★初招集

DF
5.長友佑都(無所属)
22.吉田麻也(サンプドリア/イタリア)
4.佐々木翔(サンフレッチェ広島)
19.酒井宏樹(浦和レッズ)
21.山根視来(川崎フロンターレ)
3.室屋成(ハノーファー/ドイツ)
2.植田直通(ニーム/フランス)
13.中山雄太(ズヴォレ/オランダ)

MF
8.原口元気(ウニオン・ベルリン/ドイツ)
7.柴崎岳(レガネス/スペイン)
6.遠藤航(シュツットガルト/ドイツ)
14.伊東純也(ヘンク/ベルギー)
10.南野拓実(リバプール/イングランド)
9.鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)
20.板倉滉(シャルケ/ドイツ)
11.堂安律(PSV/オランダ)
17.久保建英(マジョルルカ/スペイン)

FW
15.大迫勇也(ヴィッセル神戸)
18.古橋亨梧(セルティック/スコットランド)

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら