ベシクタシュは9月1日、アトレティコ・マドリーからスペイン人DFフランシスコ・モンテーロ(22)を獲得したことを発表した。契約は2024年までとなる。

アトレティコの下部組織出身のモンテーロ。2018-19シーズンにトップチームデビューを果たし、公式戦14試合に出場した。しかし、翌シーズンは再びリザーブチームが主戦場となり、昨季は出場機会を求めてベシクタシュへレンタル移籍していた。

だが、ベシクタシュでも主力とまではいかず、リーグ戦13試合を含む公式戦17試合の出場に。それでもクラブは完全買取を決断。「あなたをホームに歓迎します。新シーズンに向けて、重要な選手となると確信してます」とし、モンテーロも「ベシクタシュに感謝している。そして今、この美しい思い出を続けるために戻ってきたんだ」と答えた。