日本サッカー協会(JFA)のYouTubeチャンネルは2日、オマーン代表とのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向け、8月31日に行われた練習の様子を公開した。

この日はストラスブールのGK川島永嗣も合流。全体ミーティングの場でメンバーたちと再会を果たした。ブレーメンからヴィッセル神戸に加入したFW大迫勇也と、マルセイユから浦和レッズに加入したDF酒井宏樹が続けて部屋に入ってくると、川島は拳で挨拶をかわしながら「神戸の大迫さん」「浦和の…」とJリーグに復帰した元海外組の2人に笑顔で話しかけた。

さらに川島は「まじマルセイユの試合観るのがつまらないんだけど」と酒井だけでなく日本代表DF長友佑都もいなくなってしまったマルセイユのクラブ事情を愚痴。一方で酒井は「めちゃくちゃ(試合に)人入ってません?」「超楽しそう」と観客の戻ったリーグ・アンの試合を羨んでいた。

2010年に川崎フロンターレからベルギーのリールセに移籍して海外挑戦を果たした川島は、そこからスタンダール・リエージュ、ダンディー・ユナイテッド、メスを経て2018年からストラスブールに加入。海外での12シーズン目を迎えている。



ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら