イタリア代表が連続無敗をさらに伸ばした。データ集計サイトが『Opta』が伝えている。

先のユーロを53年ぶり2度目の優勝で飾ったイタリア。2日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州最終予選グループC第4節でブルガリア代表。ホームに迎え撃っての一戦だったが、39分に追いつかれ、そのまま1-1のドローに終わった。

総じてボールを支配しながら課題が残る結果に終わったイタリアだが、これで連続無敗を「35」に。2007〜2009年にかけてのスペイン代表が打ち立てた記録に並び、ブラジル代表が1993〜1996年の間に成し遂げた36戦無敗の世界記録に迫った。

なお、イタリアはグループ3連勝で止まったが、3勝1分け無敗の勝ち点10で首位の座をキープ。5日にスイス代表とのアウェイ戦後、8日にリトアニア代表とのホーム戦に挑む。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら