元フランス代表FWフランク・リベリ(38)のサレルニターナ加入が決定的となった。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。

ロマーノ氏によると、リベリはサレルニターナからの年俸150万ユーロ(約1億9500万円)+ボーナスの1年契約というオファーを受け入れたという。

そして、6日に現地入りし、メディカルチェックを受診した後に移籍が完了する見込みだ。

これまでガラタサライ、マルセイユ、バイエルンで輝かしいキャリアを築いてきたリベリは、2019年夏にフリーでフィオレンティーナへ移籍。度重なる負傷に悩まされながらも2シーズンに渡って主力として活躍した。

しかし、ヴィンチェンツォ・イタリアーノ新監督の構想から外れたベテランFWは、フィレンツェ残留を希望しながらも昨シーズン限りで退団を余儀なくされていた。

一方、23年ぶりのセリエA昇格を果たしたサレルニターナは開幕2連敗と予想通り、厳しい船出となっており、昨シーズンのクロトーネでセリエA20ゴールを挙げたナイジェリア代表FWシミーと共にリベリのパフォーマンスが残留のカギを握る。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら