アーセン・ヴェンゲル氏がアーセナル復帰の可能性を否定した。

今季のプレミアリーグで昨季8位からの再起を期すアーセナル。今オフに若き才能を軸に積極的な補強も施してシーズンインしたが、開幕からまさかの3連敗とスタートから大きく躓いた。

内容でも思わしくなく、無得点の9失点で、得失点差は-9。ミケル・アルテタ監督に対する風当たりも必然的に強まり、解任論も噴出している。

そのなかで、にわかに復帰の待望論もあがるヴェンゲル氏だが、出演したドイツ『ビルト』のYouTubeチャンネルで再登板の意思なしを強調した。

「私はもう71歳だ。このクラブに人生で最高の年月を捧げた。今はただのいちファンだ」

また、在任22シーズンで3回のリーグ制覇と7回のFAカップ優勝に導いたフランス人名将は古巣の現状に私見を述べ、これからの巻き返しに期待した。

「今、クラブは良い状態だ。2つのタフな試合(チェルシー戦、マンチェスター・シティ戦)があったが、あのチームにはポテンシャルがあり、カムバックできると願っている」

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら