パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、アウェイの地でも神対応を見せた。

現地時間5日にアウェイでカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第6節、首位・ブラジル代表(勝ち点21)との対戦を控える2位アルゼンチン(勝ち点15)。差を詰めるためにも敵地とはいえ勝利が必須の一戦だ。

否が応でも緊張感は高まるなか、アルビセレステの面々は会場での前日練習を終えて宿舎へと帰宅。事件はバスを降りてホテルまでの数メートルの間で起こった。ある少年はメッシの姿を見つけると、猛然とダッシュ。警備員の制止を振り切り、メッシとのセルフィを求めた。

アルゼンチンのファンだというブラジル人の少年。突然の訪問にもメッシは快く応じ、撮影の後に少年に戻るよう諭した。

メッシの素晴らしい対応にもファンも反応。「謙虚さ、それが常に違いを生む理由」、「コートの内外で素晴らしい」のような賛辞以外にも、相次ぐ乱入に対応してきたことから「メッシには慣れたもの」との声や「セキュリティの人たち…」のような警備員への嘆きも寄せられた。

首位追走のためには絶対に負けられない戦いとなるアルゼンチン。メッシのコンディションは心配だが、果たしてコパ・アメリカ2021決勝の再現はあるのだろうか。



ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら