カナダ代表MFマーク=アンソニー・ケイの国歌斉唱に瞬間に注目が集まっている。

カナダは5日、カタール・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海最終予選の第2節でアメリカ代表とアウェイで対戦した。

FIFAランキング10位のアメリカに対し59位のカナダだが、先発起用されたマーク=アンソニー・ケイは並々ならぬ気合で試合に入る。

キックオフ前の国歌斉唱では、顔をくしゃくしゃにしながら全力で熱唱。その瞬間を『ESPN』が「カナダ国歌への情熱」と伝えると、カナダを応援していると思われるファンからも「彼は戦いに行く準備ができている」「このエナジーが気に入った」「情熱的だ」といった言葉が集まった。

試合は、アメリカに先制を許すものの、カナダが62分に追いつく。68分にイエローカードを貰ったマーク=アンソニー・ケイは77分で途中交代となったが、カナダはアウェイで勝ち点1を持ち帰ることに成功した。

マーク=アンソニー・ケイの奥さんも試合後にインスタグラムを更新。国歌斉唱中のシーンとともに「あなたをとても誇りに思う」と夫が国を代表して戦う瞬間にリスペクトを示している。



ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら