鹿島アントラーズは7日、DF犬飼智也の負傷を発表した。

クラブの発表によると、犬飼はYBCルヴァンカップ プライムステージ準々決勝第2戦の名古屋グランパス戦で負傷したとのことだ。

犬飼は名古屋戦に先発出場を果たしていたが、60分に安西幸輝と交代していた。

チームドクターによる検査結果は、左ハムストリング筋損傷。全治は約6週間とのことだ。

犬飼は今シーズンの明治安田生命J1リーグでここまで24試合に出場し5得点。ルヴァンカップでも6試合に出場していた。

鹿島は現在J1で4位に位置。来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権が得られる熾烈な3位争い真っ只中での守備の要の離脱となった。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら