バルセロナは9日、2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)で使用する3rdユニフォームを発表した。

そのデザインは伝統的な青とえんじのストライプがベースになりながら、バルセロナ市内の5つの地区(ブラ・セック、ポブラ・ノウ、グラシア、エル・ラバル、ラス・コルツー)の特徴的な建築及び文化的要素が溶け込んでいる。

これらの要素は地元の若いアーティストたちによって再解釈されており、デザインに近隣的な表現を組み込むことによって、クラブと都市の間の密接なつながりを強調している。

ストライプは試合日にファンが着用するマフラーのオマージュになっており、シャツと同様の青いパンツが組み合わされる。パンツのサイドには濃紺のストライプが入り、「El nostre Barça(私たちのバルサ)」の文字が刻まれている。このメッセージは濃紺のソックスにも施されている。

このユニフォームは、14日にカンプ・ノウで行われるCLグループステージ初戦となるバイエルン戦でお披露目となる。