リバプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドがプレミアリーグでの勝利を喜びつつ、チームメイトであるU-21イングランド代表MFハーヴェイ・エリオットの負傷を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。

リバプールは12日に行われたプレミアリーグ第4節でリーズ・ユナイテッドと対戦。チームは前半から多くのチャンスを作ると、前半にアレクサンダー=アーノルドの鋭いクロスをFWモハメド・サラーが押し込み、先制に成功した。後半にも追加点を重ねたチームが3-0で勝利している。

この結果、プレミアリーグ4試合で3勝1分けの成績となったリバプールは首位マンチェスター・ユナイテッドと勝ち点で並ぶ3位の位置につけている。アレクサンダー=アーノルドは公式サイトのインタビューで勝利を喜びつつ、課題についても言及した。

「ここでの試合はいつも難しい。スペースを見つけるが困難だからね。ただ、いったんスペースを見つけられれば、チャンスを作ることができる」

「でも、僕たちはもっと臨機応変になってより早く試合を終わらせられたはずだ。それに、もっと多くのゴールを決めることもできたと思う。とはいえ、エランド・ロードでの3-0の勝利を軽んじるべきではないね」

また、アレクサンダー=アーノルドはこの試合で足首に重傷を負い、途中交代となったエリオットに言及。つらい出来事だと語りつつ、速やかな回復を願った。

「こうした出来事が起きたとき、結果は重要にならない。もちろん、結果は常に大事ではあるけど、ピッチ上であのようなことが起こるのは決して良くないね」

「それは本当に、ピッチのすべての人に影響を与える。皆が沈痛の表情となり、彼の周りにいてサポートしていたか見ただろう。リーズの選手でさえ彼をケアしていて、それはとても良い印象だった」

「とはいえ、何が起こってしまったのかを理解するのは難しい。彼は世界を股にかける若き青年であり、キャリアでこれからの時期にこうしたことが起きるのはつらいよ」

「彼は素晴らしい選手にして、素晴らしい人間だ。少しでも回復の時間があれば、すぐに復帰するために努めるだろう。でも、今は本当に厳しいね」

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら