ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、自身の状態を報告した。

ローマは12日、セリエA第3節でサッスオーロと対戦。37分にMFブライアン・クリスタンテのゴールで先制に成功するも、57分に同点に追いつかれてしまう。

しかし、後半アディショナルタイムにステファン・エル・シャーラウィが値千金の逆転ゴール。リーグ戦3連勝スタートとなり、モウリーニョ監督になってから公式戦5連勝を達成した。

この試合はモウリーニョ監督のキャリア通算1000試合目というメモリアルゲーム。それもあり、エル・シャーラウィのゴールが決まった瞬間、モウリーニョ監督はピッチサイドを全力疾走し、選手たちの元へと駆け寄っていた。

これまでのキャリアでも、重要な試合での重要なゴール時には、ピッチサイドを全力疾走して来たモウリーニョ監督。メモリアルゲームを劇的勝利で飾れたことはとても嬉しかったようで「私は人生の最後の日まで必ず忘れない」と記憶に刻まれたようだ。

そのモウリーニョ監督は、自身のインスタグラムを更新。ユーモアたっぷりに勝利を喜び、1001試合目に向けて動き出すとした。

「筋肉の損傷はない!!! 1001試合目がすぐに来る」

久々の全力疾走でも足を痛めていないことを報告したモウリーニョ監督。次にダッシュが見られるのはいつだろうか。



ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら