◆編集部予想
◎本命:ドルトムント
○対抗:アヤックス
△連下:スポルティング・リスボン
☆大穴:ベシクタシュ

グループCはチーム力、CLでの経験値を考慮するとドルトムントが本命。アヤックス、スポルティング・リスボン、ベシクタシュが三つ巴の2位争いを繰り広げることが予想される。

◆サンチョ流出も怪物ハーランドの存在感〜ドルトムント〜
Getty Images
昨季はマンチェスター・シティの前に惜敗し、ベスト8敗退となったドルトムント。MFサンチョがマンチェスター・ユナイテッドへ旅立ったが、FWハーランドの怪物ぶりは相変わらずでブンデスリーガ開幕から4試合で5ゴールを挙げている。一方で失点が9と守備の不安定さが目に付くが、それでもグループC突破の本命と言えそうだ。ザルツブルク、ボルシアMGとアップテンポなサッカーで結果を残したローゼ監督を迎えた新生ドルトムントがグループステージで躓くことは考えにくい。

◆オランダ王者が2位争い本命か〜アヤックス〜
Getty Images
三つ巴の2位争いになりそうなグループCだが、CL4季連続出場のオランダ王者アヤックスがドルトムントに次ぐ突破候補か。テン・ハグ体制5季目となった円熟のアヤックスは昨季の主力が流出しておらず、CLベスト4メンバーも未だ健在。MFタディッチ、FWネレス、DFブリント、DFタグリアフィコら経験と実績を備えた主力選手たちがチームを牽引すれば2位通過は十分に可能だ。

◆5季ぶり出場のポルトガル王者〜スポルティング・リスボン〜
Getty Images
昨季はポルトガルリーグを19年ぶりに制し、ポルトガルリーグ王者となったスポルティング。FWロナウドやMFブルーノ・フェルナンデスらを擁しても成し得なかった偉業を果たした現チームは、5シーズンぶりのCL出場に辿り着いた。立役者はブラガで実績を挙げ、昨年3月に1000万ユーロの違約金を支払ってまでも招へいした36歳の青年指揮官であるアモリム監督。現役時代にポルトガル代表、ベンフィカでユーティリティMFとして活躍したアモリム監督は[3-4-3]の攻撃的なシステムを採用し、前線から守備を敢行するスタイルを標榜。PSGからスペイン代表MFサラビアをレンタルで迎え、攻撃にアクセントが加わりそうな中、CLの舞台でもアモリム旋風を巻き起こせるか。

◆レンタル組の活躍不可欠なトルコ王者〜ベシクタシュ〜
Getty Images
昨季はトルコリーグでガラタサライと勝ち点で並ぶも得失点差わずか1の差で4年ぶりにトルコ王者となったベシクタシュ。4シーズンぶりのCL出場となった中、クラブはレンタルでバルセロナからMFピャニッチ、チェルシーからFWバチュアイを獲得。とりわけピャニッチはチームの中心として活躍することが求められる。バルセロナで戦力外となってしまった鬱憤を晴らすべく、ベシクタシュの一員としてグループステージ突破を目指す。


チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら