カリアリは15日、ワルテル・マッツァーリ氏(59)の新監督就任を発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。

今シーズンのセリエAで2敗1分けの未勝利のカリアリは14日、成績不振を理由にレオナルド・センプリチ監督(54)を解任した。

後任候補にはディエゴ・ロペス氏、ジュゼッペ・イアキーニ氏など、セリエA経験が豊富な指揮官がリストアップされていたが、最終的にマッツァーリ氏の招へいが決定した。

これまでレッジーナ、サンプドリア、ナポリ、インテル、ワトフォードなどの指揮官を歴任してきたマッツァーリ氏は、[3-4-3]や[3-5-2]をメインシステムに多くのクラブで確かな実績を残してきたイタリア屈指の経験豊富な指導者。直近は2018年1月から2020年2月までトリノの指揮官を務めていた。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら