トッテナムは16日、2021-22シーズンの3rdユニフォームを発表した。

紫と白が基調のユニフォームは、トッテナム地区のストリートにインスパイアされた大胆なプリントが前面に施されており、袖口と襟は黒色、胸元のクラブエンブレムや、サプライヤーであるナイキのロゴなどは白で配置されている。

このデザインは、地元のワークショップでデザインを学んだ若いクリエイターたちが表現しており、襟の内側には「N17(トッテナム地区の地域コード)」が刻まれている。

ショーツは紫が基調で、黒のラインがサイドに施されている。ソックスも紫が基調で、アクセントとして白が用いられている。

トッテナムはすでにホームとアウェイのユニフォームを発表済み。白が基調のシンプルなデザインのホームユニフォームと、大胆な総柄が施されているアウェイユニフォームとともに、この3種類のユニフォームで今シーズンを戦うこととなる。



ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら