オランダサッカー協会(KNVB)は17日、10月に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むオランダ代表候補メンバーを発表した。

ルイス・ファン・ハール監督が新たに就任したオランダ代表は、9月の予選3試合を2勝1分けで終えており、現在はグループGで首位に立っている。

今回の候補メンバーは28名が招集。DFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)やFWメンフィス・デパイ(バルセロナ)、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(パリ・サンジェルマン)、MFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)らが順当に選出された。

また、GKマルク・フレッケン(フライブルク)、FWノア・ラング(クラブ・ブルージュ)が初招集を受けている。

一方で、MFドニー・ファン・デ・ベーク(マンチェスター・ユナイテッド)は候補にも入らず。ファン・ハール監督は「試合に出る必要があるを伝えた」と語り、選外の理由を説明した。

現在勝ち点13で首位のオランダは、10月8日にアウェイでラトビア代表(5pt/5位)と、同11日にホームでジブラルタル代表(0pt/6位)と対戦する。

今回発表されたオランダ代表候補メンバーは以下の通り。

◆オランダ代表候補メンバー28名
GK
ユスティン・バイロウ(フェイエノールト)
ヨエル・ドロメル(PSV)
ティム・クルル(ノリッジ・シティ/イングランド)
マルク・フレッケン(フライブルク/ドイツ)

DF
ナタン・アケ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/イングランド)
デイリー・ブリント(アヤックス)
デヴィン・レンシュ(アヤックス)
ユリエン・ティンバー(アヤックス)
ステファン・デ・フライ(インテル/イタリア)
デンゼル・ダンフリース(インテル/イタリア)
マタイス・デ・リフト(ユベントス/イタリア)
ティレル・マラシア(フェイエノールト)

MF
フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン)
ジョルジニオ・ワイナルドゥム(パリ・サンジェルマン/フランス)
トゥン・コープマイネルス(アタランタ/イタリア)
マルテン・デ・ルーン(アタランタ/イタリア)
フース・ティル(フェイエノールト)
ライアン・グラフェンベルフ(アヤックス)
ダヴィ・クラーセン(アヤックス)

FW
メンフィス・デパイ(バルセロナ/スペイン)
ルーク・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン)
ステーフェン・ベルフワイン(トッテナム/イングランド)
ドニエル・マレン(ドルトムント/ドイツ)
ヴォウト・ヴェグホルスト(ヴォルフスブルク/ドイツ)
ノア・ラング(クラブ・ブルージュ/ベルギー)
コーディ・ギャクポ(PSV)
ステーフェン・ベルフハイス(アヤックス)

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら