ラージョ移籍のコロンビア代表FWラダメル・ファルカオが背番号「3」を選択した理由を明らかにした。スペイン『マルカ』が報じている。

これまでポルトやアトレティコ・マドリー、モナコを渡り歩き、かつてレンタルプレーヤーとしてマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーにも在籍したファルカオ。2019年夏からガラタサライに移り、公式戦通算43試合で20得点をマークしたが、深刻な財政難により、来夏まで残る契約を解消する形で今夏に退団した。

そんな稀代の点取り屋が新たな活躍先として選んだのは自身にとって、アトレティコ・マドリー時代に大きな輝きを放った記憶が今も残るラ・リーガに今季から昇格のラージョ。2013年夏のモナコ移籍以来となるリーガ復帰となり、大きな注目を集めたが、それ以上に周囲の反響を呼んだのが背番号として3番を選んだことだ。

17日のラージョ入団会見に出席したファルカオはその理由に触れ、「今は亡き父に敬意を表して、3番のシャツを着ることにした。父が最も好んだ数字で、すごく意味のある番号だったんだ。この番号をつけてプレーした彼にとって、これ以上の賛辞はないと思う」と話した。

ファルカオの父であるラダメル・ガルシア氏も元フットボーラーで、1980年のモスクワ・オリンピックにもコロンビア代表として出場したDF。2019年1月に61歳で逝去した。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら