明治安田生命J3リーグ第19節の4試合が19日に各地で行われた。

中断明けの3試合を全勝で飾り、目下4連勝中と勢いづく前節2位の福島ユナイテッドFCは10位藤枝MYFCのホームに乗り込み、クラブ初の5連勝を目指したが、41分に中京大学在学中の特別指定選手で、プロ初ゴールを狙う久保がボックス右でルーズボールに反応。巧みな左足トラップで一気に前を向き、右足つま先でゴールネットを揺らし、藤枝が2試合ぶりの勝利に一歩前進する。決して多くないチャンスを決められ、ビハインドの福島は巻き返そうと、[3-4-2-1]から[4-4-2]にシステム変更も施すが、藤枝守備陣の身体を張ったディフェンスを最後まで崩し切れず。勝てば暫定ながら首位浮上の福島だったが、そのチャンスを逃した。

3位いわてグルージャ盛岡は勝ち点3の6位テゲバジャーロ宮崎とのホーム戦。今節の他会場結果を受け、勝てば首位浮上の岩手だが、18分に味方のスルーパスとともに最終ラインのスペースを突いた梅田がボックス中央に抜け、左足でゴールネットを揺らし、宮崎が先取する。その後、3連勝の4戦負けなしで調子を上げての一戦になる岩手もゴールに迫るが、GK植田が奮闘。追いかける形で試合を折り返した岩手は後半の頭からモレラトと3試合出場停止処分が解けたブレンネルを送り込むと、攻撃に迫力が増す。だが、モレラトのシュートが右ポストに嫌われるなど、ツキにも見放され、クラブ史上初の4連勝ならず。首位浮上とはならなかった。

福島や岩手の上位勢が立て続けに躓き、首位浮上のチャンスが巡った4位ロアッソ熊本は8位AC長野パルセイロとホームで対戦。2連勝の6戦負け知らずの勢いで長野に立ち向かっていくが、長野も踏ん張り、なかなかゴールネットを揺らせない。それでも、敵陣右サイドでFKのチャンスを獲得した53分、ゴール前に上がったクロスにボックス中央の高橋が反応し、頭で後方に戻すと、高く浮かび上がったボールにバイタルエリア中央の黒木が右足ジャンピングボレー。これがスーパーゴールとなり、均衡を破ると、64分にターレスが追加点を挙げ、長野を突き放した。その後、守勢に回った熊本だが、凌ぎ切り、3連勝。首位浮上に成功した。

最下位に沈むカマタマーレ讃岐は10位アスルクラロ沼津とのアウェイゲーム。3連敗中の讃岐だが、ボールを動かして主導権を握りにかかろうとする沼津に前線から果敢にプレスをかけ、反攻すると、28分に中村駿太がボックス左から上げたクロスを重松が押し込み、先制する。追いかける沼津に惜しい場面を許しながら、その後も追加点のチャンスを作り出した讃岐は1点リードで試合を折り返すと、62分に左サイドで大きな展開を受けた川崎がドリブルで仕掛けていき、バイタルエリア左から右足ミドルを叩き込み、2点目。沼津の反撃も無失点で凌ぎ、連敗ストップの5試合ぶり白星。ガイナーレ鳥取を抜いて、最下位脱出の14位に浮上した。



◆第19節
9/19
藤枝MYFC 1-0 福島ユナイテッドFC
アスルクラロ沼津 0-2 カマタマーレ讃岐
いわてグルージャ盛岡 0-1 テゲバジャーロ宮崎
AC長野パルセイロ 0-2 ロアッソ熊本

9/18
Y.S.C.C.横浜 0-0 FC今治
ヴァンラーレ八戸 中止 カターレ富山
ガイナーレ鳥取 0-2 鹿児島ユナイテッドFC

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら