プレミアリーグ第5節、トッテナムとチェルシーによる“ロンドン・ダービー”が、19日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが0-3で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
 
トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ロリス 6.0
いずれの失点もGKとしてはノーチャンスだった。結果的に3失点も再三の好守でチームを鼓舞し続けた
 
DF
12 エメルソン 5.5
攻撃面では良さを出せなかったが、前半の決定的なシュートブロックや自分の間合いでの対人守備はまずまず。ただ、攻守両面で周囲との連携構築は急務
 
4 ロメロ 6.0
クロアチアでの隔離を経て前日に合流。後半はさすがにバテていたが、個人としては身体の強さと読みを利かせた好守を見せていた
 
(→ダビンソン・サンチェス -)
 
15 E・ダイアー 6.0
不運な形で2失点目に関与。だが、マルコス・アロンソの決定機阻止のゴールカバーや、試合終盤を除きルカク相手に奮闘していた
 
3 レギロン 5.0
前半のカウンターチャンスはクロスではなくシュートを選択してほしかった。全体的に良く戦っていたが、無謀な縦への仕掛けでボールを失うなど判断面に課題
 
MF
28 エンドンベレ 5.5
今季プレミアリーグ初出場で及第点の出来。決定的な仕事はできなかったが、粘りの守備と要所で相手を剥がすドリブルでチャンスに絡んだ
 
(→スキップ 5.0)
難しい時間の投入だった。チームが間延びしていた中、うまくバランスを取れなかった
 
5 ホイビュルク 6.0
前半は攻守両面で出色のパフォーマンス。ただ、後半は疲労や周囲のパフォーマンス低下に引きずられる形で負担が大きかった
 
20 デレ・アリ 5.0
中盤で守備に奔走。ただ、セットプレーでチアゴ・シウバに出し抜かれ、攻撃では相手の老獪な守備を前に局面を打開できず
 
FW
18 ロ・チェルソ 5.0
クロアチアでの隔離を経て前日に合流。前半は幾度か良い形で攻撃に絡んだが、やはりプレースタイルを考えれば、インサイドハーフでのプレーがベター
 
(→ブライアン・ヒル 5.0)
精力的にプレーに絡もうとしたが、空回りする場面が多かった
 
10 ケイン 5.0
試合を通して前線の起点役を託されたが、相手の徹底監視に遭ってほぼ見せ場を作れなかった
 
7 ソン・フンミン 5.0
負傷明けでフル出場。前半は左と最前線を行き来しながらカウンターをけん引。だが、後半はチームと共にトーンダウン
 
監督
ヌーノ 5.0
前半はアグレッシブな戦いで健闘。ただ、過密日程による全体の運動量低下と手ごまの不足によって、敵将のように流れを変える采配を見せられず。リーグ2戦連続の大敗に…
 
チェルシー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ケパ 6.5
メンディの負傷を受けて急遽スタメンも、攻守両面で安定したプレーを見せてクリーンシートに貢献
 
DF
4 クリステンセン 6.5
頼もしい2人の相棒に支えられてソリッドなプレーを90分間継続
 
6 チアゴ・シウバ 7.5
前半は守備で読みを利かせた好守を連発。後半はセットプレーで制空権を握り、値千金の決勝点を挙げた
 
2 リュディガー 7.5
トドメの3点目を記録。前半にレギロンの決定的なクロスをブロックするなど、相手の狙っていたカウンターを見事に封じ切った
 
MF
28 アスピリクエタ 6.5
攻撃面の貢献はもう少しほしかったが、要所を締める堅実な守備で勝利に貢献
 
5 ジョルジーニョ 6.0
前半は相手のアグレッシブな守備に苦戦。だが、後半は相手のガス欠やカンテらのサポートもあり、落ち着いたゲームメイクを見せた
 
8 コバチッチ 6.5
2試合連続ゴールのチャンスを逸したが、試合を通して豊富な運動量と切り替えの速さで相手中盤に主導権を渡さず。試合終盤はカウンターの起点としても機能した
 
3 マルコス・アロンソ 7.0
先制点をアシストするなど、正確なプレースキックでチャンスに絡む。後半はエメルソン相手に優位性を保って多くの決定機に絡んだ
 
FW
19 マウント 5.5
勤勉に与えられた役目をこなしたが、コンディションの問題か攻撃時のキレや判断に乱れが見受けられた
 
(→カンテ 6.5)
幸運な形のゴールは日ごろの善行の賜物か。後半に投入されると、ことごとくデュエルを制してクリーンシートに貢献すると共に攻勢のけん引役に
 
9 ルカク 6.5
ゴールこそなかったが、確度の高いポストワークでチャンスに絡むと共に、常に相手センターバックを引き付ける役割を担った
 
29 ハヴァーツ 5.5
試合を通して守備面のハードワークは素晴らしかったが、攻撃面では相手の強度の高い守備に苦戦しなかなか良さを出せなかった
 
(→ヴェルナー 6.0)
ルカクに気を使ってもらっての幾度かの決定機逸はいただけないが、最後に3点目をアシスト
 
監督
トゥヘル 7.0
前半は相手のプレー強度に苦戦も、後半はカンテの投入や並びの変化で冷静に流れを引き寄せて完勝に導いた
 
★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
チアゴ・シウバ(チェルシー)
リュディガーの活躍も捨てがたいが、百戦錬磨のブラジル人DFをMOMに選出。前半は絶妙なプレーリードで相手のチャンスの芽を摘み取り、後半は安定した配球と強さと巧さを兼ね備えたセットプレーから決勝点を挙げるなど相手ゴールを脅かした。
 
トッテナム 0-3 チェルシー
【チェルシー】
チアゴ・シウバ(後4)
カンテ(後12)
リュディガー(後47)

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら