リバプールのユルゲン・クロップ監督が、2ゴールの活躍を見せた日本代表MF南野拓実について語った。クラブ公式サイトが伝えた。

21日、リバプールはEFLカップ(カラバオカップ)3回戦でノリッジと対戦。南野は今季初出場を果たした。

その南野は4分、左CKからディヴォク・オリジがヘディングで落としたボールを素早く反転シュート。見事に抑えたボールが狭いコースを抜けて決まり、リバプールが幸先良く先制する。

50分にはそのオリジがヘディングで追加点を奪うと、80分には南野が追加点。ボックス内右でパスを受けると、そのまま縦にドリブルを仕掛け、相手DFの対応をかわしてシュートを流し込んだ。

先発起用に応え、2ゴールと結果を残した南野に対してクロップ監督が試合後にコメント。2つのゴールを決めたパフォーマンスを評価した。

「彼は今とても良い状態にある。あまりプレーしていなかったことは知っているが、悪い時にはケガをし、復帰して来てこうなった」

「時々、簡単なことではないが、彼はトップクラスの特徴を見せ、今夜の試合を楽しんでいた」

「それは彼にとっても我々にとっても重要なことだ。これが彼の助けにもなり、我々の助けにもなる」

また、ここまで起用できなかった理由はケガやコンディションだったとし、2つのゴールを称賛した。

「彼にフラストレーションが溜まっていたかどうかは分からない。選手はプレーしたいと思っているのは当然で、それがあまり起きなかったことをも事実だ」

「彼は代表チームで活動し、そこでケガをし、戻って来てすぐに体調を崩し、復帰のためにコンディションを整えた。今では、16週間プレーしなかったということではなく、ケガをしてからの時間が問題だ」

「他の選手もケガをして、復帰するには時間が必要だが、タキ(南野の愛称)は良い状態にあり、とてもよくトレーニングしており、2つのゴールに値する」

「最初のゴールは本当に意識が高く、頭の回転も早く、良いフィニッシュだった。2つ目は、実際には100%見えていたわけではないが、短く小さなスペースでのボックス内での加速は本当に良かった」

「彼はプレシーズンで本当に良い状態だった。そしてスタートしたが、ケガをした。今シーズンの残りがこれから始まる。誰も心配はいらない。タキは大丈夫だ」

その南野は、前半は3トップの一角でプレーしたものの、後半には中盤のインサイドで起用した点についても説明した。

「今日はタキがとてもタフに見えたので、中盤の選手としてプレーする彼を望んだ。ハーフスペースを十分に使えていなかったので、彼をそこに置いた」

「左ウイングにもう少し自由なオックスレイドを置きたかった。それが理由で、彼をゲームに繋いでおくためだった」

「タキは頭の良い選手で、色々なポジションでプレーできるのが理由だ」



チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら