マインツは22日、ハンガリー代表FWアダム・サライのヒザの手術が成功したことを報告した。

アダム・サライは18日に行われたブンデスリーガ第5節のフライブルク戦に先発出場。しかし、32分に左ヒザを負傷するとハーフタイムでFWカリム・オニシウォと交代していた。

クラブによると、アダム・サライは左ヒザの半月板の損傷が確認され、22日に手術に踏み切った。離脱期間は約6週間と見込まれている。

ハンガリー代表ではキャプテンを務めているサライは、2019年夏にマインツへ6年ぶりに復帰。復帰後は準主力として在籍2シーズンで公式戦47試合に出場。今シーズンもここまでブンデスリーガで4試合に出場し1ゴールを記録していた。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら