トッテナムのイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニが、ウォルバーハンプトン戦での個人的な悔しさを露わにした。クラブ公式サイトが伝えている。

22日に行われたEFLカップ3回戦のウルブス戦に出場したゴッリーニ。試合は2点先行する有利な展開となるものの、追い付かれる形でPK戦に突入。見せ場となる同選手は、相手の4人目キッカーを務めたMFレアンデル・デンドンケルのシュートをストップし、3-2の勝利に貢献した。

今季新加入も、リーグ戦ではGKウーゴ・ロリスからポジションを奪えない状況の中、数少ない出番で結果を出したゴッリーニ。しかしながら、試合後のインタビューでは自身のプレーに不満を募らせていることを明かした。

「僕は自分自身に腹を立てていた。自分がセーブし損ねた一本のPKのせいで負けるのは嫌だったから、『もう一本止めるぞ』って宣言してたからね」

「彼(5人目のキッカー)がどこに蹴るのかわかっていたし、肌で感じていた。だけど止められなかった。せめてもう一本ぐらいは止めないとって強く思ったよ」

「仲間たちは完璧なシュートをしてくれた。何はともあれ、次のラウンドに進めて僕たちはとてもハッピーさ」

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら