横浜F・マリノスは23日、疑惑を向けられている試合妨害行為について声明を発表した。

この件は、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節名古屋グランパス戦で、試合中に笛のような音が鳴り、選手たちのプレーが一時滞る事象が発生した。

これはSNS上で大きな話題となり、横浜FMのケヴィン・マスカット監督が発していると憶測が飛び交い、疑われる事態となっていた。

また、名古屋戦以外にも横浜FMの試合で同様の音が鳴っているという噂が飛び交っていたが、マスカット監督自身はメディア対応でその事実がないことを明かしていた。

横浜FMはクラブとしても調査に臨み、20日、21日の2度にわたって事実確認を実施。両日ともにマスカット監督は当該試合以外を含めて「該当する行為を行っていない」と回答したという。

また、クラブとしてこれまでの期間内にて、可能な限り映像を取り寄せて、確認、解析を実施したとのこと。しかし、当該行為を確認する事はできなかったとしている。さらに、ベンチ周辺のチーム内スタッフに聞き取りを行いましたが、笛の発生源の目撃者を確認する事はできなかったようだ。

事実確認ができていない中、横浜FMは継続して対応していくと発表。「今後行われる公式戦にて横浜F・マリノスベンチ及びその周辺の観察、確認」「関係各所の協力を仰ぎ、本件の当該試合以外も含む事象検証、聞き取りの継続とJリーグへの報告」を実施するとのことだ。

なお横浜FMは「反スポーツマンシップにつながる行為は許しません。私たちは、引き続きこの思いを持ち活動していきます」としている。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら