FC岐阜は24日、東海学園大学のMF山内彰(21)の来季加入内定を発表した。また、今シーズンは特別指定選手として承認され、背番号は「32」を付ける。

山内は大阪府出身で、中央学院高校から東海学園大学へと進学した。

岐阜は山内について「ボールを受けてからの展開が得意で、守備の意識も高く、豊富な運動量とアプローチの速さが特徴」とプレーの特徴を紹介している。

山内はクラブを通じてコメントしている。

「2022年よりFC岐阜に加入することになりました、東海学園大学の山内彰です。FC岐阜に携わる全ての皆さま、これからよろしくお願いします」

「感謝の気持ちと日々の努力を忘れることなく、1日でも早くFC岐阜という素晴らしいクラブに貢献できるように頑張りますので、ファン・サポーターの皆さま、応援よろしくお願いします」

また、来季トップチームに昇格が内定しているU-18所属のM石坂亮人(17)も2種登録したとのことだ。背番号は「33」となる。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら