リバプールのU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテがチームでの充実感を語った。クラブ公式サイトが伝えている。

コナテは今年5月末にRBライプツィヒから3500万ポンド(約53億円)の移籍金でリバプールに加入。リバプールにとって今夏唯一の補強となり、高い期待が寄せられていたが、開幕からの公式戦5試合はいずれもベンチスタートとなった。

それでも、18日に行われたプレミアリーグ第5節のクリスタル・パレス戦でようやくスタメンデビューを果たすと、フィジカルとスピードを生かした守備でクリーンシート達成に貢献。続くEFLカップ(カラバオ・カップ)3回戦のノリッジ・シティ戦でも先発となったコナテはここでもクリーンシートを成し遂げている。

公式戦2試合連続で印象的なパフォーマンスを見せたコナテはクラブ公式サイトのインタビューに応じた際、勝利に貢献できている喜びを露わに。同時に、フィットするうえでチームメイトからの助けがあったことも明かしている。

「僕は2試合に出場して、どちらでもチームがとても良いプレーをしてくれた。それに、ファンの皆も助けてくれたね。これは僕にとっても家族にとっても、本当に素晴らしいことだ。ここにいられてとても幸せだよ」

「自分では良いプレーができたと思っているけど、それより重要なのはチームがどうだったかなんだ。つまり勝利できたか、クリーンシートを達成できたかだね。僕にとってはそちらの方が重要さ。一人での戦いではないからね」

「チームのどの選手も、僕がここに来た初日から自分の家と思えるよう助けてくれた。これは僕にとって非常に重要だったんだ。すべての選手がピッチ上でこれを実感していると思う。僕はすべての選手と一緒にいられて本当に幸せだ。これは良いことであり、今後も続けていきたい」

コナテはインタビューのなかで、特に仲の良い選手に言及。また、リバプールの街並みも気に入っていると話しており、現在の環境への満足感を示した。

「(特に仲が良いのは)サディオ(・マネ)、ナビ(・ケイタ)、ディヴォク・オリジかな。彼らはフランス語を話せるから、会話がしやすい。僕がこのクラブに来たとき、とてもよく助けてくれたよ」

「新しい街にやってきた以上、家にいるわけにはいかないよね。自分がいる街の様子は、知っておかないといけない。僕はこの街が大好きだよ。街の中心部に住んでいるけど、車でそう遠くない場所に海があってとても綺麗だ。だから、とても良いところだね」

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら