アーセナルのU-23ブラジル代表DFガブリエウ(23)が幸せな報告を行った。

2020年9月にリールからアーセナルへと加入したガブリエウ。東京オリンピックに臨むU-24ブラジル代表にも選出されていたが、ケガにより離脱。五輪出場は叶わなかった。

優れた対人能力と空中戦の強さを生かし、アーセナルでは1年目に公式戦32試合出場し3ゴール1アシストを記録していた。

今シーズンは五輪前のケガにより開幕から出遅れたものの、第4節のノリッジ戦から復帰。イングランド代表DFベン・ホワイトとのセンターバックコンビで、2試合連続クリーンシートにも貢献していた。

そのガブリエウは24日に自身のインスタグラムを更新。交際をしてきた彼女との婚約を発表した。

「僕が将来に望む全てのことを考えるとき、あなたはいつもそこにいる」

「いつも何よりも優先され、君と一緒に生きていきたいと思う」

「僕のフィアンセ。永遠に愛している」

お相手はファッションモデルを務めるガブリエレ・フィゲイレドさん。インスタグラムでは「私は生涯のパートナーと婚約しました」と報告している。

26日にはトッテナムとの“ノース・ロンドン・ダービー”という大一番を控えているガブリエウ。婚約を力に変えて3連勝に導けるだろうか。



ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら