エジプト代表FWモハメド・サラーがリバプールの選手としてプレミアリーグ通算100ゴールを達成した。

25日に敵地で行われた第6節のブレントフォード戦にも先発したサラー。1-1の54分に最終ラインの背後を突き、ボックス右のスペースに抜け出すと、ブラジル代表MFファビーニョの浮き球パスに左足ダイレクトで合わせ、ネットを揺らした。

今季も得点源として期待通りの活躍を続けるサラーはこれでリーグ戦4戦連発となり、得点ランキングトップタイの5ゴール目。2017年夏のリバプール入りからリーグ戦151試合目の出場にして通算100得点目というメモリアルな一発にもなった。

データ集計会社『Opta』によると、この得点ペースはリバプール史上最速記録に。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、従前の記録保持者はイングランド代表でも活躍したロジャー・ハント氏の152試合だったという。

なお、プレミアリーグ全体だと、アーセナル時代に160試合でクリアした元フランス代表FWのティエリ・アンリ氏を抜く4位の記録に。最速は124試合で到達した元イングランド代表FWのアラン・シアラー氏だ。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら