明治安田生命J3リーグ第20節の5試合が26日に各地で行われた。

首位の熊本(勝ち点33)はホームで3位の福島(勝ち点32)を迎えた上位戦に臨んだ。互いになかなかシュートシーンを作れない中、熊本は23分に伊東がボックス右からシュート。ゴール右下を捉えていたが、ここは古巣戦のGK山本の好セーブに遭う。

対する福島も後半から攻勢を仕掛ける。まずは64分、右サイドから上がったクロスのこぼれ球をボックス左の福島隼斗がボレーシュート。難しいシュートを上手く枠に収めたが、GK佐藤が好セーブ。するとこの佐藤が後に神懸かったプレーを見せる。

攻勢続く福島は81分、ボックス左から樋口がシュートを放つと、GK佐藤が横っ飛びでセーブ。さらにそのこぼれ球を森が押し込みにかかったが、ここも佐藤がスーパーセーブ。そして三度トカチが狙うも、これも佐藤に止められてしまった。

守護神の奮闘でピンチを乗り切った熊本は83分、ボックス右に抜け出した途中出場の坂本の折り返しをターレスが流し込んで先制。このターレスの2試合連続ゴールが決勝点となり、上位戦をモノにした熊本が首位を堅守している。

5位の宮崎(勝ち点31)はホームで沼津(勝ち点18)と対戦。リードを許して迎えた後半立ち上がりの40秒、センターサークルから千布が出した鋭い縦パスを起点にボックス手前で梅田がボールを持つと、上手く反転してゴール正面にスルーパスを供給。これに反応した藤岡が流し込み、同点に追いついた。

良い時間帯に振り出しに戻した宮崎はさらに60分、同じく千布の縦パスを起点に敵陣右サイドでボールを持つと、そこからボックス手前の梅田にパスが繋がる。梅田はそこから左足をコンパクトに振り抜き、シュートを右下に決めた。

前節の13試合ぶりのゴールから2試合連続ゴールを決めた梅田。これで逆転に成功した宮崎は最後までこのリードを守り切り2連勝。これで3位に順位を上げた。

また、岩手(勝ち点31)はアウェイで今治を下し2試合ぶりの勝利。鳥取に敗れた富山(勝ち点32)を抜いて、2位に浮上している。

◆第20節
9/26
カターレ富山 0-2 ガイナーレ鳥取
テゲバジャーロ宮崎 2-1 アスルクラロ沼津
カマタマーレ讃岐 0-1 Y.S.C.C.横浜
ロアッソ熊本 1-0 福島ユナイテッドFC
FC今治 0-1 いわてグルージャ盛岡

9/25
鹿児島ユナイテッドFC 1-0 FC岐阜

《中止》
ヴァンラーレ八戸 vs AC長野パルセイロ

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら