アーセナルのミケル・アルテタ監督が、トッテナムとの“ノース・ロンドン・ダービー”を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

アーセナルは26日、プレミアリーグ第6節でトッテナムと対戦。ノース・ロンドンのライバルとの大一番を迎えた。

リーグ戦2連勝中のアーセナルと、2試合連続0-3で敗れているトッテナムの一戦。立ち上がりからホームのアーセナルがエンジン全開で戦う。

攻守にわたり主導権を握るアーセナルは、12分にエミール・スミス・ロウのゴールで先制すると、27分にはカウンターからスミス・ロウのアシストでピエール=エメリク・オーバメヤンが追加点。34分にはブカヨ・サカが追加点を奪い、前半で3-0とする。

後半もアーセナルが主導権を握る中、日本代表DF冨安健洋はこの試合でも右サイドバックとしてフル出場。韓国代表FWソン・フンミンを封じるなど、完璧なパフォーマンスを見せる。

79分にソン・フンミンに1点を許すが、GKアーロン・ラムズデールのビッグセーブなどもあり、そのままタイムアップ。リーグ戦3連勝を収め、トッテナムを順位で上回ることに成功した。

試合を振り返ったアルテタ監督は、狙った戦い方で勝利できたと歓喜。チームとして経験のある選手が引っ張ってくれたと語った。

「私がこのスタジアムで経験した中で、最も素晴らしいことの1つだ。勝つために、我々のやり方で勝てたこと、チームとサポーターとの繋がりが本当に特別なものにしたと感じている」

「これがアーセナルのチームであり、今日試合に勝った。そしてマネージャーも多くのことをしてくれた」

「私は自分たちのプレーを誇りに思っているし、ファンの皆さんがチームを本当に応援してくれたおかげで、何かをお返しすることができたことを誇りに思っている」

「年長者が大きなリーダーシップを発揮し、チームのために立ち上がってくれた。オーバ(ピエール=エメリク・オーバメヤン)がゴールを決め、その後に2人のアカデミー出身の選手が決めた良い例だ」

「彼らは我々のシステムの中で育ち、成長してきた。大きなダービーマッチにやってきて、チームのためにプレーし、2つのゴールを決めた」

また、無得点で開幕3連敗を喫した後、3連勝を収めたアーセナル。アルテタ監督は、3連敗中に起きていることをしっかりと説明したことで、ファンたちが一緒になってついてきてくれたことが大きかったと振り返った。

「我々がしたのは、最初の3試合で何が起こっていたのかを彼らに説明しようとしたことだ。我々は選択できなかった9〜11人の選手がいた」

「彼らは離脱しており、居た選手も新型コロナウイルスに感染したりケガをしたりしていた。さらに我々は世界で最高の2つのチーム(チェルシーとマンチェスター・シティ)とも試合をした。彼らの戦いは昨日観ることができたはずだ」

「だから我々は自分たちが順位表の一番下にいることを受け入れなければならなかった。それは現実を受け入れるのに最適であり、我々がよりよくしなければならないことの特定ができた」

「我々はやっていることを信じ、一緒に頑張り、困難な時に仲間がいてくれたことが幸運だった。サッカーではこういった状況はとても稀だ。その後、物事は良い方向に進んだ」



ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら