アーセナルのMFエミール・スミス・ロウが、トッテナム戦でのゴールを喜んだ。

アーセナルは26日、プレミアリーグ第6節でホームにトッテナムを迎えた。永遠のライバルであるトッテナムとの“ノース・ロンドン・ダービー”では、直近の試合で対称的な両チームの対戦となった。

しかし、試合が始まると力を見せたのはホームのアーセナル。攻守にわたってインテンシティの高いプレーを見せ、チームとしても大きな改善が見られた戦いを披露する。

すると、12分にブカヨ・サカのアシストからスミス・ロウが先制ゴールを記録。27分にはカウンターからスミス・ロウのアシストでピエール=エメリク・オーバメヤンが追加点。34分にはサカが追加点を奪い、前半で3-0とする。

後半にソン・フンミンに1点を返されるが、終始主導権を握ったアーセナルが3-1で快勝を収め、リーグ戦3連勝を飾った。

試合後、先制ゴールを奪い、2点目をアシスト。攻守に躍動したスミス・ロウが『Footbal Daily』のインタビューでダービーでのゴールを喜んだ。

「おそらく人生で最高の日だ。ここで家族と一緒にアーセナルvsトッテナムの試合でゴールを決めることを夢見てきた。最高の気分だ」

「確かに僕はフィニッシュのトレーニングなどを練習してきた。今日は上手くいったと思うし、ゴールに満足している」

また、試合に向けてミケル・アルテタ監督がチームにかけた言葉についても語り、若手が多いチームを落ち着かせるようにしたとコメント。また、経験のある選手たちの存在も大きいとした。

「彼は僕たちが若い選手であるからこそ、ビッグマッチで落ち着いてプレーするように言っているだけだと思う。彼は僕たちを鼓舞し、自信を与えてくれる」

「監督だけでなくチームメンバーも若い選手に大きな自信を与えてくれている。ピッチに立つと少し楽になるんだ」



ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら