インテルのシモーネ・インザーギ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール・ドネツク戦に向けて意気込んだ。クラブ公式サイトが伝えた。

インテルは今シーズンのCLでグループDに属しており、レアル・マドリー、シャフタール、シェリフと同居している。

初戦のマドリー戦はホームで迎えながら0-1で敗戦。黒星スタートとなった。

一方で、セリエAでは開幕6試合で無敗を継続し、4勝2分けと順調なスタートを切った。

インザーギ監督はシャフタール戦に向けてコメント。黒星スタートとなったことで重要な試合になるとコメント。チームとしてもバランスを求めて功績を仕掛けていきたいと語った。

「まだ決定的ではないと思うが、確かにとても重要だ。シャフタールはとても優れたチームであり、よくトレーニングされている。彼らは良いサッカーをするし、とても重要な選手もいる」

「素晴らしい試合をしなければならないだろうが、アタランタ戦ではとても良い相手に対し、すでにチームを気に入っている」

「我々はプレーを展開することが好きな攻撃的なチームだ。走力のある相手に対していつもよりミスが多い場合、カウンターを受けて苦しむこともある」

「我々は自分自身を歪めたいとは思っていないが、必ずバランスを多く求めていく」

また、インザーギ監督は現役時代の2000-01シーズン、ラツィオの一員としてCLに出場。グループステージではCL初出場となったシャフタールと初戦で対戦。ゴールを決めて0-3での勝利に貢献していた。

当時のことをよく覚えているとしたインザーギ監督は、シャフタールの成長を警戒した。

「その試合はよく覚えている。もう随分時間経ってしまったことを残念に思っている。ウクライナのチームは2年前にヨーロッパリーグの準決勝に進出するなど、とても良い成績を残している」

「彼らは野心的なクラブであり、我々に問題を起こしたいと思っているだろう」

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら