広州FC(元広州恒大)は28日、ファビオ・カンナバーロ監督(48)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。

かつては中国のみならずアジアサッカー界を席巻していた広州FCだが、経営権を保有する中国の不動産大手である「恒大集団」の経営破綻によって、クラブ存続の危機に瀕している。

中国『捜狐(sohu.com)』によると、選手へ支払われる給与に関しては、9月分が10月に支払うことが発表されたが、苦しい財政状況を考えるとそれもかなわないとのこと。チームの運転資金を「恒大集団」に回すことになるようだ。

その中、クラブは指揮を執るカンナバーロ監督(48)に対し、退団を求める交渉をスタート。現在リーグ戦が中断されている中、ヨーロッパに滞在していた同監督は中国に戻る予定だったが、クラブからの通達を受けて中国へ戻るのをやめたという。

クラブの財政難を理解するカンナバーロ監督は、2023年まで契約を残していた中、最大で1億2000万元(約20億5000万円)の給与をもらう予定だったが、残りの契約を破棄し、クラブを助けることを選んだようだ。

カンナバーロ監督は、2014年11月にマルチェロ・リッピ監督の後任として指揮官に就任。2015年6月に退団し、アル・ナスルや天津権健(2020年に解散)で指揮を執り、2017年11月に再任していた。

広州FCでは公式戦148試合を指揮し、90勝29分け29敗の成績。2018-19シーズンに中国スーパーリーグを制していた。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら