ベガルタ仙台は29日、FWエマヌエル・オッティ、DF照山颯人の負傷を発表した。

クラブの発表によると、オッティはクラブドクターにより鼠径ヘルニアと診断。22日に手術を実施したとのこと。全治は4週間と見られている。

照山は22日のトレーニング中に負傷。チームドクターにより、右足関節外側じん帯損傷と診断され、全治は約8〜12週間になるという。

オッティは今季から仙台に加入。明治安田生命J1リーグでは7試合に出場していた。照山は明治安田J1で5試合、YBCルヴァンカップで4試合に出場していた。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら