パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表DFプレスネル・キンペンベが、マンチェスター・シティ撃破に貢献した新戦力2人を称賛している。フランス『RMC Sport』が伝えている。

PSGは28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループA第2節でシティと対戦し、2-0の勝利を収めた。

昨シーズンのCL準決勝の再現カードとなったパルク・デ・プランスでの一戦は、ホームチームが試合序盤の8分にセネガル代表MFイドリサ・グイエのゴールで先制に成功。以降は相手の攻勢に晒されたものの、CLデビュー戦となったイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマを中心に耐え抜く。

すると、74分にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが右サイドからのカットインから、最後はフランス代表FWキリアン・ムバッペの丁寧な落としを、見事な左足のミドルシュートで決め切り、待望の加入後初ゴールにして、シティにトドメを差すダメ押しの追加点とした。

そして、このまま逃げ切ったPSGは昨季準決勝で敗れたシティにリベンジを果たすと共に、今シーズンのグループステージ初勝利を手にした。

同試合後、この試合でフル出場した副将のキンペンベは『RMC Sport』のインタビューで会心の勝利に満足感を示すと共に、勝利に貢献したドンナルンマとメッシを称賛している。

「チームにとって良い試合だったと思うよ。こういったビッグマッチでは細部が違いを生むものなんだ。同時に達成感を得られた試合になったね。全員がとても満足しているよ」

「だけど、これはまだ大会の序盤戦なんだ。もちろん、良い試合だったから、この良い波を継続していきたいと思う。この良いスピリッツを維持していかなければならないよ」

「ジージョ(ドンナルンマ)は素晴らしい試合をしてくれたね。彼がいてくれて僕らは幸運だった。本当に素晴らしいGKだよ。レオ(メッシ)のことはみんなが喜んでいるよ。彼は素晴らしいプレーヤーであり、フェノメノン(驚異的)なんだ」

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら