プレミアリーグ第7節、リバプールvsマンチェスター・シティが、日本時間3日24:30にアンフィールドでキックオフされる。混戦模様のリーグ戦をリードする、首位リバプール(勝ち点14)と、2位シティ(勝ち点13)による首位攻防戦だ。

リバプールは前節、昇格組ブレントフォード相手に2度のリードを手にしながらも、相手の徹底した右サイドからのクロスボールという戦術に対応し切れず、3-3のドローと痛い取りこぼしを経験。公式戦の連勝が「4」でストップした。だが、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)では堅守を誇るポルトを相手に、エースFWサラーとFWフィルミノが2ゴールずつを奪うなど、今季最多5ゴールを挙げて敵地で5-1の圧勝。見事なバウンスバックを見せて今回の首位攻防戦に弾みを付けた。

対するシティは前節、直近の対戦で3連敗中だった因縁の相手チェルシーと対戦。ゴールこそFWガブリエウ・ジェズスの1点に留まったものの、相手のエースFWルカクを完璧に封じ込めるなど、1-0のスコア以上の差を見せつける会心の勝利を挙げた。しかし、直近のCLではパリ・サンジェルマン(PSG)相手に、今度は決定力の差を見せ付けられる格好で0-2の敗戦。トッテナムとのリーグ開幕戦以来となる今季2敗目を喫することになった。

ただ、パフォーマンス自体は悲観するものではなく、今回のビッグマッチ3連戦を白星で飾ることができれば、来月初旬のマンチェスター・ダービーまで比較的ラクな相手との対戦が続くだけに、気持ちを切り替えて難所から勝ち点3を持ち帰りたいところだ。

なお、昨シーズンの2度の対戦ではシティが1勝1分けと勝ち越している。さらに、今年2月に行われた直近の対戦では鬼門アンフィールドで4-1の圧勝。2002-03シーズン以来となる18試合ぶりの白星を手にした。だが、その勝利は無観客開催が多分に影響した部分もあり、今回の一戦では熱狂的なホームサポーターからのプレッシャーの中で連勝を目指すことになる。

◆リバプール◆
【4-3-3】
リバプール予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:アリソン
DF:ミルナー、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン
MF:ヘンダーソン、ファビーニョ、カーティス・ジョーンズ
FW:サラー、フィルミノ、マネ

負傷者:DFアレクサンダー=アーノルド、MFエリオット、チアゴ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しては長期離脱中のエリオットに加え、チアゴとアレクサンダー=アーノルドの欠場が確定している。

スタメンに関しては直近のポルト戦のメンバーをベースに、ジョタからフィルミノへの変更を予想。中4日という日程面の余裕もあり、ミルナーやC・ジョーンズらコンディションが懸念される一部選手も継続起用が可能と見る。

◆マンチェスター・シティ◆
【4-3-3】
マンチェスター・シティ予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:エデルソン
DF:ウォーカー、ルベン・ディアス、ラポルテ、カンセロ
MF:ベルナルド・シウバ、ロドリ、デ・ブライネ
FW:ガブリエウ・ジェズス、フェラン・トーレス、グリーリッシュ

負傷者:DFジンチェンコ、MFギュンドアン
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはジンチェンコとギュンドアンが欠場となるが、それ以外の選手はすべて起用可能だ。

スタメンに関しては直近のPSG戦をベースに、グリーリッシュを除く前線2枚の変更を予想。マフレズとスターリングに替えてフェラン・トーレスとガブリエウ・ジェズスを起用すると見る。前線に関してはデ・ブライネ、フォーデンを偽CFとして起用する可能性もあるが、ハイラインのリバプールに対して、背後を突けるフェラン・トーレス(スターリング)を選択するか。

★注目選手
◆リバプール:MFカーティス・ジョーンズ
Getty Images
リバプールの注目プレーヤーは直近数試合で猛アピール中の20歳MF。昨季、公式戦34試合に出場し、アレクサンダー=アーノルドに続く新たな生え抜きのスター候補として大きな期待を集めるC・ジョーンズ。今季はコンディションの問題で出遅れた中、18歳MFエリオットやMFナビ・ケイタに出番を譲ってきたが、CL初戦のミラン戦で今季の公式戦初出場を飾ると、直近のEFLカップのノリッジ戦、リーグ前節のブレントフォード戦、CLポルト戦と3試合連続スタメン出場中だ。

そして、ブレントフォード戦では強烈なミドルシュートで今季初ゴールを挙げると、ポルト戦では2アシストを含めてほぼ全ゴールに絡む圧巻のパフォーマンスを披露している。

持ち味の正確なキックに加え、攻守両面でプレーの連続性に優れるクロップ好みの逸材MFは、自身2度目のシティ戦でスタメン起用が濃厚だ。その前回対戦ではチームが守護神のミス絡みで1-4の大敗を喫したものの、個人としては攻守両面で好パフォーマンスを見せており、臆せずにアンフィールドでの戦いに臨めるはずだ。

◆マンチェスター・シティ:MFベルナルド・シウバ
Getty Images
シティの注目プレーヤーはビッグマッチで存在感光る中盤の仕事人。2018-19シーズンの優勝時にMVP級の輝きを放ったポルトガル代表MFだが、直近2シーズンはチーム内での序列を下げている。今夏の移籍市場では移籍希望を明言したことで、退団が濃厚と思われたが、最終的に残留の運びとなった。

すると、一部主力の負傷離脱によって開幕から主力として出番を与えられると、ここまで公式戦8試合に出場。リーグ戦のレスター戦では接戦の中でチームを勝利に導く貴重な決勝点も挙げている。依然として去就は不透明な状況だが、MFデ・ブライネやMFフォーデンらの本領発揮に時間を要している中、グアルディオラ監督にとって頼りになる存在の一人だ。

決して主役になるタイプではないものの、指揮官が絶賛した前節のチェルシー戦のように、攻守両面で質と量を約束し、且つハードに戦えるベルナルド・シウバの黒子としての役割は、ビッグマッチにおいて勝敗を左右する重要なものとなるはずだ。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら