ラ・リーガ第8節、グラナダvsセビージャが3日にロス・カルメネスで行われ、ホームのグラナダが1-0で勝利した。
 
1試合未消化ながら3位に位置するセビージャは前節、エスパニョールを相手にデラネイの退場がありながらもエン=ネシリ、ラファ・ミルと2人のセンターフォワードのゴールで2-0の勝利を収めた。ただ、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)ではヴォルフスブルク相手に難しい戦いを強いられ、終盤に退場者を出した相手にラキティッチのPKで追いつくのが精いっぱいだった。
 
18位に低迷しているグラナダとのアウェイゲームではヴォルフスブルク戦から先発3人を変更。ヘスス・ナバスとオカンポス、パプ・ゴメスに替えてモンティエル、ラキティッチ、ラメラを起用した。
 
コンディションで勝るグラナダがアグレッシブな入りを見せたことで、受け身の入りとなったセビージャ。それでも、15分過ぎには相手を押し込んでスソが最初の枠内シュートを放つなど、徐々に主導権を掴みかける。
 
だが、25分には自陣ボックス付近でのジエゴ・カルロスのクリアが短くなると、ペナルティアーク付近でこぼれ球に反応したロチーナに強烈な左足のミドルシュートをゴール左下隅に突き刺されて先制点を献上してしまう。さらに、直後の28分にはオフサイド判定に救われたものの、ボックス右でロチーナの浮き球パスに反応したスアレスにゴールネットを揺らされる場面を招く。
 
反撃に出たいアウェイチームは直後の29分に相手陣内中央で得たFKの場面でジョルダンが浮き球で入れたボールをボックス左のクンデが丁寧に頭で折り返し、これにフリーで飛び込んだジエゴ・カルロスがダイビングヘッドで合わせるが、これは枠を捉え切れない。
 
前半終盤にかけてようやく相手を押し込むところまで持っていったセビージャは、フェルナンドの強烈なミドルシュートや右サイドのモンティエルからの鋭いクロスで相手ゴールに迫るが、前半の内に追いつくことはできなかった。
 
迎えた後半、ロペテギ監督はハーフタイム明けに3枚替えを敢行。モンティエル、ジョルダン、スソを下げてヘスス・ナバス、パプ・ゴメス、ムニルをいずれも同じポジションに投入。立ち上がりから勢いを持って入り、右サイドのヘスス・ナバスとラメラを起点に続けてフィニッシュのシーンを作り出す。
 
ここから一気にセビージャペースかに思われたが、後半も運動量を落とすことなくアグレッシブに戦うグラナダが徐々に押し返し、試合は膠着状態に陥る。
 
何とかゴールをこじ開けたいセビージャはラメラ、ラキティッチを下げてオスカル・ロドリゲス、オカンポスを続けて投入し、20分以上を残して5枚の交代カードを使い切る。そして、リスクを冒して攻めに出る中で73分にはヘスス・ナバスの右からのクロスをゴール左で足元に収めたムニルがすかさずシュートを放つが、これはGKマクシミアーノの好守に遭う。
 
その後、試合終盤にかけてはセンターバックのクンデも高い位置まで攻め上がって猛攻に打って出るセビージャだが、91分にはスアレスの挑発に乗ってしまったジエゴ・カルロスがラフプレーで2枚目のカードをもらい、前節のデラネイに続き2試合連続で退場者を出してしまう。ラストプレーではGKブヌまで攻撃参加するパワープレーも敢行も、グラナダの守備に撥ね返されて万事休す。
 
この結果、グラナダに今季初白星を献上したセビージャは、今シーズンの公式戦初黒星を喫することになった。
 
また、同日行われたヘタフェvsレアル・ソシエダは1-1のドローに終わった。
 
レアル・マドリーの敗戦によって、今節の勝利で首位浮上のチャンスを手にしたソシエダは、敵地で開幕から全敗中の最下位ヘタフェと対戦。立ち上がりから優勢に試合を運んでいたが、前半終盤の40分にはエルストンドのボールロストからカウンターを浴びて、最後はサンドロ・ラミレスにGKとの一対一を制される。
 
後半に入って攻勢を強めるソシエダは68分、ゴロサベルからの正確な右からのクロスをゴール前で競り勝ったオヤルサバルが頭で合わせて同点に追いついた。
 
その後は一進一退の攻防が続く中、試合最終盤の91分にはボックス右へ抜け出したイサクに絶好機もニアを狙ったシュートはGKソリアの好守に遭い、試合はこのままタイムアップ。最下位ヘタフェに今季初めての勝ち点を献上し、首位浮上のチャンスを逃した。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら