ユベントスのイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリ(23)が交際していたテッサ・ラコビッチさん(23)と婚約した。

ミランのユース出身のロカテッリは、2018年夏にサッスオーロに加入すると、公式戦99試合に出場して7ゴール11アシストの成績を記録。今年6月に開幕したユーロ2020のメンバーに選出されると5試合出場2ゴールの活躍を見せ、チームの優勝に貢献し、今シーズンからはユベントスでプレーしている。

2日に行われたセリエA第7節のトリノ戦では、試合終了間際に値千金の決勝点をマークし、トリノ・ダービー勝利に大きく貢献していた。

ロカテッリは3日、自身のインスタグラムを更新。「イエス」という短いコメントともに、左手の薬指に指輪をつけ、驚いた表情で口に手を当てるラコビッチさんの写真を投稿し、婚約を発表した。ラコビッチさんも自身のインスタグラムに同じ写真を投稿し「はい、心から」と答えている。

イタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』によると、ラコビッチさんはコスタリカ出身で、大学進学のためにミラノに移り、ロカテッリとは4年間同棲しているとのことだ。

また、ロカテッリはゴール後に両手で「T」のポーズを作るが、これはラコビッチさんとイニシャルと、過去に飼っていた愛犬テディのイニシャルを表しているそうだ。

公私ともに絶好調のロカテッリには、これからも「T」ポーズを量産してもらいたいところだ。



チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら