ミランがベルギー代表の新星の獲得に動き出しているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じた。

報道によると、ミランが獲得を目指しているのはアンデルレヒトに所属するMFヤリ・ヴェルスハーレン(20)とのことだ。

『カルチョ・メルカート』によると、ヴェルスハーレンの代理人であるミハエル・ヤンセン氏が、5日にカーサ・ミラン(クラブ本社)を訪れたとのこと。ディレクターのパオロ・マルディーニ氏、フレデリック・マッサーラ氏と会談を行ったという。

なお、話の内容は、来年1月、または来夏の移籍に向けての交渉だと見られている。

ヴェルスハーレンはクリエイティビティ溢れる中盤の選手であり、トップ下のポジションで攻撃を司り、典型的な10番の役割を果たしているという。

アンデルレヒトの下部組織で育ち、2019年1月にファーストチームに昇格。これまで公式戦80試合に出場し14ゴール12アシストを記録。今シーズンもここまでジュピラー・プロ・リーグで9試合に出場し2ゴール2アシストを記録している。

また、世代別のベルギー代表を経験しているヴェルスハーレンは、2019年9月にA代表デビュー。ユーロ2020には招集されなかったが、これまで6試合に出場し1ゴールを記録している。

アンデルレヒトとの契約は2024年6月までとなっているが、その才能は多くのクラブが注目を集めており、復権に向けて順調な歩みを見せるミランとしては確保しておきたい逸材だろう。



チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら