バルセロナからベシクタシュへとレンタル移籍したボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが、ロナルド・クーマン監督への不満を再び語った。スペイン『マルカ』が伝えた。

2020年夏にブラジル代表MFアルトゥールとのトレードでユベントスからバルセロナへと加入したピャニッチ。昨シーズンの前半戦は起用されていたが、2月から5月まではベンチ入りするも出場機会はなくなるなど、クーマン監督の構想外となった。加えて、今シーズンは状況がさらに悪化。1度も試合に出場することなく、9月4日にベシクタシュへのレンタル移籍が発表されていた。

移籍が決まったタイミングでも『マルカ』に対しクーマン監督への不満をぶちまけていたピャニッチ。トルコ『beIN Sports』のインタビューでも再び批判した。

「クーマンが何を求めていたのか、いまだによくわからないよ。彼は僕に何も説明しようともせず、解決策を見つけようともしなかった」

「このポジションで、僕に何を求めているのか、僕のやっていることは間違っているのか、チームに早く適応するためにはどうしたらいいのか、役に立つためにはどうしたらいいのか。それを僕は聞きたかったんだ」

また、チャンピオンズリーグ(CL)では開幕から連敗を喫し、ラ・リーガでも7試合を終え、9位と低迷を続けるバルセロナの現状についても言及。クラブが強さを取り戻すには優れたリーダーが必要だろうと話した。

「バルセロナは難しい状況にある。結果は、ファンの思い通りにならない。選手たちはプレッシャーを感じていると思うよ」

「チームが改善するには、優れたリーダーが必要なのかもしれないね。バルセロナは世界でも5本の指に入る名門だ。いつかは昔のように戻るだろうけど、それには時間がかかると思う」

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら