シント=トロイデンの日本人選手たちが心機一転を図った。

多数の日本人選手が所属し、2日のベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第10節、オーステンデ戦ではFW原大智が加入後初ゴールを記録したシント=トロイデン。10月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨む日本代表にはDF橋岡大樹が選出された。

所属選手の中には髪を鮮やかな金色に染めている者も多かったが、一部の選手は黒髪に変更したようだ。6日にはクラブ公式ツイッターが写真を公開。新たな髪型でトレーニングに励む林大地、伊藤達哉、松原后の姿がアップされた。

中でも林には多くの好意的なコメントが寄せられているようだ。サガン鳥栖から移籍後に髪を染めていたが「やっぱり黒髪がいいよ!」、「コレがしっくりくる」、「大地は黒髪がかっこいい」、「ビースト黒髪の方が絶対男前」のように、現在の髪色を推す声が上がっている。

現在9位につけるシント=トロイデン。さらに上位を目指すためにも日本人選手の活躍は不可欠だ。

なお、シント=トロイデンは今月5日、12月25〜27日に福島県・JヴィレッジでU-14のトライアウトを実施することを発表している。



ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら