日本サッカー協会(JFA)は7日、日本代用のMF堂安律が離脱したことを発表した。

JFAの発表によると、サウジアラビア・ジッダで活動中の日本代表から現地時間6日に離脱。堂安はケガをしているとのことだ。

なお、堂安に代わる選手の追加招集はしないとのことだ。

今回の日本代表はMF久保建英(マジョルカ)がケガのため招集外に。また、サウジアラビア代表戦はMF伊東純也(ヘンク)が出場停止となっており、2列目の選手に欠場者が多くなっていた。

堂安は今シーズンはPSVでプレー。エールディビジで5試合に出場し1ゴール、ヨーロッパリーグで1試合に出場していた。また、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選では、初戦のオマーン代表戦で途中出場していた。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら